FC2ブログ
プロフィール

コミュニティシネマ『橘館』実行委員会

Author:コミュニティシネマ『橘館』実行委員会
かつてキラキラ橘商店街にあった映画館「橘館」を復活させることを夢見つつ、現在は墨田区を中心とした上映会活動に奮闘中!
問合せ先:tachibanakan☆gmail.com
(☆→@へ)

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コミュニティシネマ『橘館』ブログ
墨田区で上映活動を行っているコミュニティシネマ『橘館』のブログです。
私も作品紹介2『ユリ 愛するについて』
作品紹介、お次は『ユリ 愛するについて』
24歳のユリと72歳の“おっちゃん”が恋に落ちる。
センセーショナルな作品!?と思いきや、

橘館斜め前の交番
写真は橘館斜め前の交番。
近くのお花屋さんから寄贈された、お花たちが目印です。


なんとも、ほっこり、ほほえましいお二人なのです。
映画が進むに連れて、おっちゃんが、とってもかわいらしく見えてきます。
山形国際ドキュメンタリー映画祭で「市民賞」を受賞したのもわかります。

そして、それだけじゃなくて、
戦争のこと、日韓のこと、年の差のこと、老後のことなどが
押しつけがましくなく織り込まれていて、
いろいろなことを感じながら観られる映画です。
人生って、そんなに割り切れるものじゃない、
現在進行形で続いていくもの。

監督の東さんはドイツ在住。
この作品で、ミュンヘン市主催の映画新人賞を受賞し、それがきっかけとなり、広島を舞台にした日独合作映画『アウグスト』(独語で8月の意味)を撮ることになったそう。
これからの活躍が要注目の監督です!

テーマ:映画館の作り方 - ジャンル:映画

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://tachibanakan.blog13.fc2.com/tb.php/24-3401e28d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

62/365「ユリ 愛するについて」。

こんにちは。 えっと、3月13日から「フェリーニ!フェリーニ!FELLINI! FELLINI!」が 新宿K's cinemaにて上映されます。フェデリコ・フェリーニ監督生誕90年ということで(ということは 黒澤明監督や山本薩夫監督、田中絹代さんらよりも 10歳年が下という
[2010/03/08 17:46] 別冊 東京直撃地獄拳! あなたになら言える秘密色のはちみつ。~ 日曜日が待ち遠しいと思った、わたしのたった365日の中の野良猫ロックな日々と映画たちは 意外とオルカよりも速く泳ぐ。痛いほどきみが好きな