プロフィール

コミュニティシネマ『橘館』実行委員会

Author:コミュニティシネマ『橘館』実行委員会
かつてキラキラ橘商店街にあった映画館「橘館」を復活させることを夢見つつ、現在は墨田区を中心とした上映会活動に奮闘中!
問合せ先:tachibanakan☆gmail.com
(☆→@へ)

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

コミュニティシネマ『橘館』ブログ
墨田区で上映活動を行っているコミュニティシネマ『橘館』のブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おんな祭、終了しました
先週の日曜日、無事におんな祭、閉幕しました。

上映にもたくさんのお客様に来て頂いて、本当にありがとうございました。
磯谷監督、小栗監督、菜葉菜さん、福田英史さんのおかげでお客様との距離感がとても近いあたたかなトークになっていたと思っています。
トークから聞きにきてくれた近所の方もいたり、八広の方々にもお世話になりました。
会場となったyahiro8さんにもとても助けて頂きました。

時間を守れなかったり、寒さ対策が甘かったりと、何回やっても拙い私たちですが、どうぞ引き続きよろしくおねがいいたします!

RIMG3030_convert_20130219140255.jpgRIMG3033_convert_20130219140321.jpgRIMG3048_convert_20130219140341.jpg


スポンサーサイト
映画の後は酎ハイ街道へ
明日は雪なので早めに家を出なきゃと分かっているのに、
打ち上げ会場探しが楽しくて止まらず困ってます!

今度の会場のyahiro8さんの近くには「酎ハイ街道」という素敵な通りが近くにあります。
ここでは、謎の茶色い液体とサイダーで割られた「下町ハイボール」というお酒が
マストアイテムです。

個人の方のサイトですが、街道の様子が分かると思うのでリンクをはらせてもらいました。
のんべえの方はどうぞ。

こちらは、すみだ観光まちびらきのHPより。

お一人で入りづらければ、ぜひ打ち上げに混ざってべろべろになってお帰りください♪



ご予約をおすすめします。
こんにちは、スタッフの木村です。
先週末のよいお天気を利用して、鳩の街商店街で行われていた鳩の街屋台sweetsストリートに行ってきました。おいしいものがたくさんあって、目移りしているうちに、完売していました。。。
あ、来週末もお天気はよさそうです♪

さて、屋台sweetsストリートの後は、yahiro8さんに行って、最後の打ち合わせをしてきました。
おかげさまで予約をたくさんいただいており、うれしい悲鳴中です。
このままで行くと、当日券が結構少なそうなので、お越しいただくご予定の方は、どうぞお早めにご予約くださいませ。

ご予約特典は、嫉妬りクッキー!
詳細は後日紹介いたしますので、こちらもお楽しみに。

ご予約は「tachibanakan★gmail.com」(★→@)まで。

「おんな祭」のチラシ
みなさま

キュートでポップでガーリーな私たちにぴったりのチラシが出来上がりました。
(デザイナーの木村吉見さん、ありがとうございます!)

クリックすると大きくなりますので、ぜひぜひ画像保存でもなんでもして、みなさま、ばらまいてくださいませ。

onna_flyer_convert_20130127220723.jpg



また、裏面の地図はこちらです。


onnna_map.jpg

ご予約・お問い合わせは、tachibanakan★gmail.comまでどうぞ。



橘館おんな祭 ~私たち3才になりました~
橘館 presents CINEMA CIRCUS in yahiro 8
橘館おんな祭 ~私たち3才になりました~

の詳細、決まりました!

女性、家族のゆがんだ愛情をテーマにした2本を上映します。
3周年を記念した、この攻めの(!?)ラインナップ。
どうぞ、嫉妬や愛憎にうずまかれてみてください!
お待ちしております~。

○作品
『わたしの赤ちゃん』(16分)
2010成城大学映画研究部主催映画祭「TAKE∞(ゼロ)」グランプリ
【明るい】わたしの赤ちゃん画像
(C)映画美学校

【あらすじ】
臨月を迎えた初美は妹の千佳と安産祈願に訪れるが、神社の階段から転がり落ちて死産してしまう。半年後、無事出産した千佳の元へ初美が訪れる。千佳は子供に、初美が自分の­子供につけるはずだった、葵という名をつけていた......。

【解説】
姉妹の"痛快"な愛憎劇15分の尺でドラマを描くには、ちんたらしてられないとばかりに激烈に展開していく。冒頭ほんの1,2分で、姉妹がともに妊娠、姉は流産し、妹の身­籠った子の父親を疑い、ドラマの準備は整う。わずか1シーンでこれをやってしまう鮮やかさは、キム・ギヨンを思わせる。
姉妹の関係性を描く芝居場に階段が選ばれたのが必然としかいいようがないならば、その関係が限界まで来たとき、映画はあるべきラストシーンを迎える。絶対にもうこうなるしかないだろう!だからエクスタシーを感じ、時に観客は笑う。それでいいのだ。




『どんずまり便器』(81分)
ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2012オフシアター部門ノミネート、ヒロシマ平和映画祭2011招待作品
main1.jpg

【あらすじ】
凶暴で男にだらしない“どんずまり女”・ナルミ(菜葉菜)は、同僚を刺して刑務所に服役する。刑期を終え、生まれ育った町に帰ってきたナルミは、大好きな弟が自分を待ってくれていると信じていた。ナルミにとって弟は、両親を事故で亡くしてから、唯一の生きる救いであった。しかし弟・ケイ(中村邦晃)は、恋人・カナ(菅原佳子)と幸せに暮らしていた。ケイに昔と違うものを感じたナルミは、弟を取り戻すために、幼いころのケイとのある秘密をカナに告げる。姉弟の過去は明らかになっていき、歪んだ愛と傷だらけのナルミの人生は続いていく……。

【解説】
2012年のゆうばり国際ファンタスティック映画祭で評判を呼んだインディーズ・ムービー。主演は同映画祭でベストアクトレス賞(主演女優賞)に輝いた「ヘヴンズ ストーリー」の菜葉菜。監督はこれが長編デビューとなる小栗はるひ。



◯スケジュール
2月10日(日)

13:30 開場
14:00 開演
16:00 トークイベント開始
      『わたしの赤ちゃん』磯谷渚監督×『どんずまり便器』小栗はるひ監督
16:30 終演
予定

○場所
yahiro8(〒131-0041 東京都墨田区八広4-10-1)
京成八広駅徒歩8分・京成曳舟駅徒歩10分
http://yahiro8.seesaa.net/
facebook

◯チケット
1000円(前売り予約、当日とも)
前売り予約は「tachibanakan☆gmail.com (☆→@へ)」宛にお名前、枚数を記載ください。
☆前売り予約特典あり


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。